ロード熊さん

英語教育改革について

banners

2020年
英語教育改革について

2020年、東京オリンピック・パラリンピックの年、日本の英語教育が大きく変わります。
文部科学省の発表した英語教育改革案の通り、学校での授業が変わります。
いったい何がどのように変わるのでしょうか。
文部科学省が発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を基に、
これからの英語教育の変化をまとめてみました。

  • banners
  • banners
  • banners
01POINT

小学3年生で英語の授業がスタート!

【小学校中学年/週1コマ・年間35時間】
活動型の授業が実施されます。
英語の早期学習を開始し、「聞く」・「話す」を中心にした
コミュニケーション能力の素地を養います。

POINT1
02POINT

小学5・6年生で英語が正式に教科化!
成績も付けられる!

【小学校高学年/週2コマ・年間70時間】
読み書きも含めた、コミュニケーション能力の基礎を養います。
目標例)「書く」の目標:自分のことや身近な事柄について、
簡単な語句や基本的な表現を用いて書く。
※英単語600~700語程度
モジュール授業(15分の短い時間で、通常授業で学んだ内容を定着させるために基礎を反復して学習)も行われます。
正式に教科化されるということは、国語や算数と同じように成績が付けられることになり、通知表には「英語」の欄が増えます。

POINT2
03POINT

中学校では授業が英語で行われる!
習熟度別クラスに!

【中学校/週4コマ・年間140時間】
※英単語800~1600語程度、中3で英検準2級程度
中学校の授業は、英語で行われ、授業内で原則として日本語が使われることはありません。短い新聞記事やテレビのニュースなどの概要を伝えるなど身近な話題について英語で理解し、情報交換し、表現できる力を養う授業が行われます。
学力・習熟度に合わせて、アルファベットの書き方や簡単な単語の練習から始まる基礎クラス。より高度な読解や作文などに取り組む上位クラス。といった少人数グループでの授業が導入されますので、上位の生徒はより力を伸ばすことができるようになります。
さらに、求められる4技能(「聞く」「読む」「書く」「話す」)のうちスピーキング(話す)はその場で応答を考えなければならないことから、自分の意見を具体例や論拠をもとに即時に発表できる力が求められます。
また、入試への活用にどの程度影響があるかはまだわかりませんが、東京都の公立中学校の全ての3年生には11、12月にスピーキングテストが行われます。

POINT3
04POINT

高校では発表・討論・交渉などの高度な
コミュニケーションを学ぶ!

高校では授業が英語で行われることはもちろん、英語を通じて情報や考えを的確に理解し、適切に伝えるという高度なコミュニケーションを学ぶことになります。
※英単語1800~2500語程度、高3で英検準1級程度
例)ある程度の長さの新聞記事を速読して必要な情報を取り出したり、 社会的な問題や時事問題について課題研究したことを発表したりすることができる。
グローバル化に向けて、求められる英語レベルはますます高まっています。
4技能をバランスよく、しっかりと身に付けていきましょう。

POINT4

見学・体験の予約
お問い合わせ

ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

お電話での
お問い合わせはこちら