ロード熊さん

英語教育改革について

banners

英語教育改革

2020年、日本の英語教育が大きく変わり始めました。
「新学習指導要領」が、小学校では2020年度、中学校では2021年度から全面実施されました。
高校では2022年度の入学生から実施されます。
「新学習指導要領」で、いったいどのように日本の英語教育が変わっていくのでしょうか。
これからの英語教育の変化をまとめてみました。

  • banners
  • banners
  • banners
01POINT

小学3年生で英語の授業がスタート!

【小学校3・4年生 外国語活動 週1コマ・年間35時間】
「英語に親しむ」ことを目的に活動型の授業
「聞く」「話す(やり取り)」「話す(発表)」のコミュニケーションが中心の授業が行われています。

POINT1
02POINT

小学5年生からは英語が正式に教科化!
成績も付けられる!

【小学校5・6年生 外国語(英語)週2コマ・年間70時間】
「英語によるコミュニケーションスキルの基礎を養う」ことを目的に授業が行われています。
「聞く」「話す(やり取り)」「話す(発表)」に「読む」「書く」が加わり、4技能5領域で学習が行われています。小学校で学習する単語数は600~700語です。教科化されたことで、テストも行われ、国語や算数と同じように成績が付くようになりました。

POINT2
03POINT

中学校では授業が英語で行われる!

【中学校/週4コマ・年間140時間】
学習する単語数は、1200語程度だったものが、1600~1800語に増加し、小学校で学習する600〜700語と合わせて、中学校卒業までに学習する単語数は2200〜2500語となり、これまでの約2倍となりました。さらに、高校で学習していた文法の内容が前倒しになりました。中学校でも「聞く」「話す(やり取り)」「話す(発表)」「読む」「書く」の4技能5領域の学習が行われ、また、授業は英語で進めることが基本とされています。

POINT3
04POINT

高校では発表・討論・交渉などの高度な
コミュニケーションを学ぶ!

高校では授業が英語で行われることはもちろん、英語を通じて情報や考えを的確に理解し、適切に伝えるという高度なコミュニケーションを学ぶことになります。
学習する単語数は1800~2500語になり、高3で英検準1級レベル、新聞記事を速読して必要な情報を取り出したり、 社会的な問題や時事問題について課題研究したことを発表したりすることができるレベルが目標となります。


グローバル化に向けて、求められる英語レベルはますます高まっています。
聞くこと・話すこと(やりとり・発表)・読むこと・書くことの4技能5領域の英語力をバランスよく、しっかりと身に付けていきましょう。

POINT4

プリンス英米学院の英語教育ニュース

見学・体験の予約
お問い合わせ

ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

お電話での
お問い合わせはこちら