ロード熊さん

プリンス英米学院まとめ

英語の倒置ってなに?使用するシーンや方法を解説

知識

日本語には倒置法と呼ばれる表現方法がありますが、英語にも倒置の表現が使われていることをご存じでしょうか。英語の倒置は日本語とは異なる用法で使われます。使用シーンや正しい使い方を覚えると、より英語の表現の幅が広げられるでしょう。この記事では、日本語と英語の倒置の違いとともに、使用シーン別の英語の倒置表現を紹介します。英語の倒置法について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

英語にも倒置という表現方法がある

日本語には「雨が降っているよ」→「降っているよ、雨が」のように主語と述語を入れ替える倒置法があります。英語にも倒置の表現がありますが、日本語と使われ方やパターンが異なるため注意が必要です。英語の倒置について解説します。

どうして倒置が使われるのか?

英語では倒置を、「主語」「動詞」「目的語」などの順番を入れ替えて行います。英語で倒置をする理由は、ひとつの単語フォーカスし、強調するためです。強調する理由には、以下のふたつがあります。

  • 聞き手の興味をひく
  • 結論から述べる

文章の順番を変える、または強調したい言葉を文頭に置くことで、聞き手の興味をひいて話をスムーズに聞いてもらうことができます。さらに、英語は結論から述べる傾向にあります。大切な情報や結論を先に述べるために、倒置が用いられています。

パターン別倒置の使い方を解説

英語の倒置は文章構造が複雑になり、難しいとイメージする人も多いですよね。実は英語の倒置は使えるパターンがある程度決まっています。パターン別英語の倒置の使い方や意味を、例文とともに解説します。

否定語が最初に来る場合

NeverやNotなどの否定語が、強調のために文頭に置かれると主語と動詞の倒置が起こります。

 

  • Not a single word did she say. 「彼女は一言もいわなかった」

(She didn’t say a single word.)

  • Never have I heard such a story.「そんな話は一度も聞いたことがない」

(I have never heard such a story.)

文頭に来る否定語

  • Never 「決して~ない」
  • Seldom「めったに~ない」
  • under no circumstance「どんな事情があっても」
  • few「~はほとんどない」
  • not 名詞「ひとつの…も~しない」
  • only then「その時初めて」
  • no sooner ~「~するとすぐに」

「〇〇もまた△△」と表現したいとき

so, nor, neitherを使って「○○もまた△△」「○○もそうである(ない)」と表現したいときにはso, nor, neitherの次の主語と述語が倒置になります。

 

  • “They are very excited.” “So am I.”「彼らはとても興奮している」「私もです」
  • “Peter likes apple pie. ” “So do I.”「ピーターはアップルパイが好きです」「私もです」
  • “ I don’t like math.” “Nor do I.”「私は数学が嫌いです」「私もです」
  • “He isn’t going with her.” “Neither am I.”「彼は彼女とは一緒に行かない」「私も行きません」
  • She didn’t see anyone, nor did she hear anything.「彼女は何も見ていないし、何も聞いていない」

仮定した表現からifを省略するとき

以下の3つの条件いずれかに当てはまると、仮定表現からifが省略されて主語と動詞の倒置が起こります。

 

  • be動詞(were)があるとき
  • had + 過去分詞 があるとき
  • shouldがあるとき

 

  • Were I a bird, I would fly in the sky. 「もし私が鳥なら空を飛べるのに」

(If I were a bird, I would fly in the sky.)

  • Had he known her name, he would have called out to her.「もし彼が彼女の名前を知っていたら、声をかけられただろうに」

(If he had known her name, he would have called out to her.)

  • Should you see him, please say hello to him.「もしも彼に会ったらよろしく言っといて」

( If you should see him, please say hello to him.)

場所がものよりも文の先に来るとき

場所を指す副詞や副詞句を強調のために文頭に置くと、後ろの主語と動詞に倒置が起きます。

 

  • Here comes my brother.「私の弟が来ます」

(My brother is coming.)

  • Near my house is a famous company.「私の家の近くにあるのが、その有名企業です」

A famous company is near my house.)

so が文頭に来るとき

so … that~構文「~するほど…である」では、強調のためにSo+形容詞(副詞)が文頭に置かれることがあります。この場合、soに続く文節(主文説)の主語と動詞が倒置されます。

 

  • So sad was she, that she couldn’t eat for three days.「彼女は3日間食事ができないほど悲しんでいた」

(She was so sad that she couldn’t eat for three days.)

  • So fond was he of his grandchildren, that he would buy them whatever  they wanted.「欲しいものを何でも買ってあげるほど、彼は孫を溺愛していた」

(He was so fond of his grandchildren that he would buy them whatever  they wanted.)

asを使った倒置

接続詞のasが、「~だけど」または「~だけれども」の意味となる場合、倒置が起こり形容詞+as+S Vの構文となります。

 

  • Busy with work as she is, she doesn’t complain at all.「仕事が忙しいのにも関わらず、彼女は文句を言わない」

She doesn’t complain at all, even though she is busy with work.

  • Rich as he looks, he is poor.「彼はお金持ちに見えるが貧乏だ」

(He is as poor as he looks rich.)He is poor but he looks rich.

一番伝えたいことを最後にするとき

強調したい主語や長い主語を後ろに置いて、CVSの形となる倒置もあります。強調したい言葉は英語では文頭に持ってきて倒置とするパターンが多いですが、文脈によっては強調したい言葉を最後に持ってきた方が聞き取りやすいパターンもあります。

 

  • Enjoying life is the man who has a rewarding job.「人生を楽しむとは、やりがいのある仕事を持っている人だ」

(The man who has a rewarding job enjoys life.)

 

なお、文章の最後に強調する言葉を持ってくる倒置はSVCの文型のみです。SVOの文型では倒置すると文章の意味が変わってしまうため、倒置は起こりません。

Mai bought an apple.→ ✕ An apple bought Mai.

まとめ

英語の倒置の意味やパターン別の倒置の方法を解説しました。英語では、重要な言葉を強調したいときに倒置表現が使われます。英語の倒置は表現が複雑で難しそうなイメージがありますが、パターンにあてはめていけば使いこなせます。英語の倒置を上手に取り入れて、英会話の表現の幅を広げてみましょう。

タグ

  • カテゴリーなし

見学・体験の予約
お問い合わせ

ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

お電話での
お問い合わせはこちら