ロード熊さん

プリンス英米学院まとめ

英語のつなぎ言葉を覚えよう!英会話がスムーズになるつなぎ言葉を紹介

会話をしていると「言いたいことがあるのになかなか出てこない」「どのように表現していいか考えている」ということがありますよね。日本語はもちろん、英語でも会話につまったときに使える「つなぎ言葉」があります。つなぎ言葉を覚えておくと、英会話でも会話が止まることなく、スムーズかつスマートに続けられます。

この記事では、英会話におけるつなぎ言葉の役割に加えて、よく使われる英語のつなぎ言葉を紹介します。つい英会話で黙ってしまうことが多い、という方はぜひ参考にしてくださいね。

英語における「つなぎ言葉」の役割

日本語の「えーと」「あの」などに当たるつなぎ言葉は、英語にも存在します。英語におけるつなぎ言葉の役割について解説します。

言葉が出てこないときに場を持たせる

つなぎ言葉とは、会話で場を持たせるときに使用される言葉です。会話中、何と言ったらいいか分からないときや、言葉が出てこないときがありますよね。特に母国語ではない英語で会話をしようとすると、日本語のようにスムーズに会話をするのが難しい人は多いのではないでしょうか。

「言葉が分からないから」「何と言っていいか考えているから」と黙ってしまうと、会話でのコミュニケーションが止まってしまいます。会話の間を持たせて、コミュニケーションを続けるために、つなぎ言葉が使われています。

英語でつなぎ言葉は”filler”(フィラー)と呼ばれています。つなぎ言葉を使うことで会話を止めないだけでなく、次に話す言葉を考える時間稼ぎもできます。さらにつなぎ言葉を英会話に適度に入れることで、スマートな印象も与えられるでしょう。

多用すると悪い印象を与えることも

つなぎ言葉は会話でのコミュニケーションを続けさせてくれるなどメリットがある一方で、デメリットもあります。つなぎ言葉を使いすぎることで、相手が会話の内容を聞き取りにくくなってしまうことです。

また、つなぎ言葉を使いすぎることで「会話の内容に関する知識がない」「説明がうまくない」など、逆にスマートではない印象を与えてしまう原因にもなります。多用は避けて、つなぎ言葉は適度に取り入れるようにしましょう。

会話で使える英語のつなぎ言葉

英語のつなぎ言葉は、シチュエーションや会話の内容に応じていろいろな種類があります。適切なものを、適度に使いこなせるようにしましょう!会話で使える英語のつなぎ言葉を、種類やシチュエーション別に紹介します。

よく使われる基本のつなぎ言葉

・Um / Uh「えーと」「あー」「あの」「その」

言葉につまったときや、少し考え込むときに使うつなぎ言葉です。

“What movie should we go to see?”「なんの映画を観に行こうか?」

“Ummm……, How about Iron Man?”「うーん、アイアンマンはどうかな」

 

・and / so「さてと」「ということは」

結果を述べたり、結論をまとめたりするときのつなぎ言葉です。

“So what’s next?”「さてと、次は何にしようか?」

 

・but / however「けれど」

逆説の接続詞をつなぎ言葉で使うと、会話の内容に意外性を持たせられます。

“I wasn’t hungry, but I ate a lot.”「お腹が空いていなかったのに、たくさん食べてしまった」

 

・well「えーと」「そうだなあ」

言いたいことが出てこない、言葉につまったときに文頭に付けて使うつなぎ言葉です。

“Which would you like coffee or tea?”「コーヒーと紅茶どちらにしますか?」

“Well, I like coffee.”「えーと、じゃあコーヒーください」

 

・Let me see「えーと」「どれどれ」

何かを迷っているときや、考えているときなどのつなぎ言葉です。

“I can’t solve this problem.”「この問題が解けません」

“Let me see…, Read this part carefully.”「どれどれ…この部分に注意して読んでみて」

 

・Anyway「とにかく」「さておき」

話をまとめたいときや、会話を転換させたいときなどのつなぎ言葉です。

“Anyway, I’m glad everyone was safe.”「さておき、全員無事でよかったよ」

 

・By the way「ところで」

会話の話題を変えたいときのつなぎ言葉です。

“By the way, how are your parents?”「ところで、ご両親はお元気ですか?」

使うだけで自然な会話になるつなぎ言葉

会話に取り入れるだけで、自然な会話になるつなぎ言葉を紹介します。

 

・You know「ほら」「あの」「~でしょ?」

文頭につけると言葉が出ないときのつなぎ言葉として、最後につけると「~でしょ?」というニュアンスになるつなぎ言葉です。

 

“I read that book, you know, the best-selling book.”「あの本読んだよ、ほら、ベストセラーになった本」

 

・like「なんか」

「~みたいな」「なんか」などカジュアルなニュアンスのつなぎ言葉です。

“Like, I have a headache.“「なんか頭がいたい」

“His presentation was like, cool.”「彼のプレゼンテーションは、なんか、いかしてたよ」

 

・kind of / sort of「なんか」「ちょっと」

あいまいなニュアンスを表現したいときのつなぎ言葉です。

“It’s kind of cold here, isn’t it?”「なんかここ寒くない?」

 

・I mean 「いや」「つまり」「ていうか」

自分の意見を述べたいときの前置きとして使えるつなぎ言葉です。

“I mean, I’m tired because I’ve been waiting for a long time.”「いや、長時間待たされているので疲れました」

 

・obviously「明らかに」「いうまでもなく」「当然だ」

誰の目からも明らかな内容を話すときのつなぎ言葉です。

“Obviously, there are many fires because it is dry in winter.”「いうまでもなく、冬は空気が乾燥しているので火事が多い」

 

・actually「実は」「実のところ」「実際は」

意外な事実を述べるときのつなぎ言葉です。

“I’m from a port town. But actually I can’t eat fish.”「私は港町の出身です。けれども実は魚が食べられません」

 

・In short「つまり」

話を要約して説明するときに使うつなぎ言葉です。

“In short, I want to be with you forever. Will you marry me?”「つまり、僕は君とずっと一緒にいたいんです。結婚してくれませんか?」

つなぎ言葉として使えるフレーズ

英語のつなぎ言葉として使えるフレーズと意味を解説します。

 

・How should I put it?「なんて言ったらいいかな」「どう言えばいいのか」

何かを言うときに、言い方に困っているときに使えるフレーズです。前置きして使うと、やわらかいニュアンスとして伝えられます。

“How should I put it? Shohei Ohtani was a big success this year by hitting, running and throwing.”「なんて言ったらいいかな?打って走って投げて、今年の大谷翔平は大活躍だったよ」

 

・What do you call it?「なんだっけ?」「何ていうんだっけ?」

物の名前や単語が出てこないときのフレーズです。

 

“What do you call it? Someone famous businessman who designed the new 10,000 yen note?”

「誰だっけ?新一万円札のデザインになっている有名な実業家?」

 

“Oh, that’s Eiichi Shibusawa! The drama of his main character was broadcast last year.”

「ああ、渋沢栄一だね!彼が主人公のドラマが去年放送されたね」

 

・It’s on the tip of my tongue.「もう少しで思い出せそうなんだけど」「のどまで出かかっているんだけど」

物の名前や単語を思い出せそうなのに出てこない、というときのフレーズです。

 

“What’s his name? It’s on the tip of my tongue.”「彼の名前は何だっけ?のどまで出かかっているんだけど」

プリンス英米学院で生きた英語を学ぼう

つなぎ言葉は、英語のネイティブが自然と会話に取り入れています。つなぎ言葉を使えば英会話で何と言っていいか分からないときや、次に話す内容を考えているときにも便利です。とはいえ、「どのような表現を取り入れていいかわからない」「つなぎ言葉を使ってみたいけれども、どうしても不自然になってしまう」という人も多いかもしれません。

つなぎ言葉を含めて、より自然な英語の表現を身に付けたい人におすすめなのが、「プリンス英米学院」です。プリンス英米学院のレッスンは、ネイティブ講師が担当しています。つなぎ言葉も多く登場する、生きた英語に多く触れられます。

プリンス英米学院のクラス設定はレベル別です。本格的に英語を学ぶことがはじめての方や、英語に触れるのは学生のとき以来という初心者の方でも、安心してレッスンが受けられます。

さらに、プリンス英米学院のクラスは少人数制です。生きた英語をたくさん耳から取り入れられるだけでなく、たくさん話せる機会があります。英語のインプットはもちろん、アウトプットも多く行うことで、英語を効率よく確実に身に付けられます。

まとめ

英語のつなぎ言葉の役割や、種類やシーン別の英語のつなぎ言葉を紹介しました。英語での言い回しが分からない、次の話の展開を考えたいなど、シチュエーションに応じてつなぎ言葉をとりいれると、会話が止まることなくスムーズなコミュニケーションにつなげられます。ぜひつなぎ言葉を取り入れて、より英会話での表現の幅を広げてみましょう。

見学・体験の予約
お問い合わせ

ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

お電話での
お問い合わせはこちら