ロード熊さん

プリンス英米学院まとめ

音読で英語力アップ!音読をするときのポイントや効果的な方法まで解説します

英語力をアップさせる方法のひとつに「音読」があります。

音読をすることでさまざまな効果が得られますが、正しい方法やポイントを押さえていないと音読の正しい効果は得られません。

音読を英語学習に取り入れたい人のために、音読で得られる効果や意識すべきポイントや正しい方法について解説します。これからの英語学習にぜひ役立ててください。

 

音読で英語力がアップする?

音読とは、英文を何度も声に出して読む方法です。

音読を行うことで、さまざまな英語の能力を身に付けたり、アップさせたりするのに役立ちます。

音読が英語学習にもたらす効果や、なぜ音読に効果があるのかの理由について解説します。

音読で得られる効果とは

英文を声に出して読む音読に対して、英文を目で読む黙読がありますが、音読は黙読よりも脳を活性化させる効果があるのが特徴です。

黙読は「目で読む」というひとつの動作しか行いませんが、音読は「目で読む」+「声に出す」+「耳で聴く」と同時に複数の動作を行っています。

視覚、聴覚、発声と複数の感覚器官を使うため、音読は脳の働きを活発にし、英語の学習効果をより高められると言われています。

音読は英会話の上達にも有効

英単語や英文法をしっかり学んできたとしても、実際英語で会話をするとなると難しく感じるという人は少なくないでしょう。

英語は、学んだことを知識としてインプットするだけでなく、アウトプットすることで習得することが大切です。

音読でアウトプットを行うことで、着実に英語力を身に付けることができるのです。

また、音読は、英会話を上達させたいときにも有効な方法です。

音読を繰り返し行うことで、頭のなかで「英語→日本語→英語」と変換するプロセスを踏まなくても、英語を英語のまま理解できる力が身に付けられます。

ただし、音読の効果を得るためにはただ何回も音読を繰り返せばいいというわけではありません。次に音読の効果を得るためにおぼえておきたい、音読のときに意識するポイントについて解説します。

音読をするときに意識するポイント

音読を効果的に取り入れるために、以下のポイントを意識しましょう。

  • 正しい発音
  • リンキング(音と音のつながり)
  • イントネーションとアクセント

それぞれ解説していきます。

正しい発音

音読は、相手の発音を聞き取る、自分が相手に伝わる発音で話すといった能力を伸ばすのにも有効です。

そのためには、正しい発音を身に付けたうえで音読をするのが重要になります。

音読の際には、日本人のカタカナ英語発音ではなく、よりネイティブに近い正しい発音で行いましょう。

正しい発音を身に付けるコツは、ネイティブが話している会話や音源を耳から聴き、そっくりまねて発音することです。

恥ずかしがらず、ネイティブになりきって声を出しましょう。

より正しい発音で音読をすることで、リスニング力やスピーキング力のアップにつながります。

リンキング(音と音のつながり)

ネイティブが英語を発音するときは、単語ひとつひとつを区切るのではなく、複数の単語を連結させて発音します。

ふたつの音が連結している状態が「リンキング」です。

音読では、リンキングが起きている場所を意識して発声しましょう。

リンキングを意識することで、どの音とどの音が連結しているかが把握できるため、リスニング力アップや正確な英会話の意味の把握にもつながります。

イントネーションとアクセント

日本語と英語の会話を比較すると、リズムが全く異なります。

日本語は抑揚が少ないのに対して、英語は抑揚が多い言語です。英会話の能力を上達させるために、英語のリズムを意識して音読をしましょう。

また、アクセントは位置を間違えると伝えたいことが正しく伝わらない場合があります。

英語独特のリズムを身に付けるためには、ネイティブの会話や音源を聞いて、どこにイントネーションやアクセントを置いているか、会話のスピードはどこが早くてどこが遅いかを意識して聞き取ることが重要です。

聞き取り後は、音源と同じようにイントネーション、アクセント、スピード、リズムを意識して音読をしましょう。

最初は上手くできないかもしれませんが、音読をしていくうちに徐々に慣れていきます。

音読をより効果的にするために

音読は正しい発音、リンキング、イントネーションとアクセントを意識して行うことが重要です。より音読の効果を得るために覚えておきたい、音読の方法やポイントについて解説します。

7ステップに分けて音読を行う

音読によって英語を英語のまま理解できる能力を身に付けるには、ただ音読をするだけでは意味がありません。

正しい発音、かつ英文の意味を理解しながら音読をする必要があります。前提として、英文の意味が理解できる教材を音読に使用しましょう。

次に、以下の7ステップを踏みながら音読を行っていきましょう。

 

1.文章中の単語の発音を覚える

音読は、正しい発音で行うことが重要です。音読に使用する教材の文章中にある単語の正しい発音を調べて覚えておきましょう。

英文中で意味が分からない単語があれば、正しい発音とともに意味も調べておきます。

とくに、日本人が苦手と言われている「F」「V」「TH」「R」の発音やイントネーション、アクセントの正しい位置なども把握しておきましょう。

 

2.繰り返し音読をする

音読は繰り返し行うことで効果が得られます。

まずは一文ずつ区切りながら音読し、全体の文章がスムーズに読めるようになるまで何度も練習しましょう。

また、和訳もあわせて確認し英文と照らし合わせることで、一文ごとにどう訳されているのかを把握することができるため、同じような構造の文や表現を見聞きしたときに理解しやすくなります。

 

3.音源を聞いてから音読をする

ここでの目的は正しい発音やリンキングを覚えることです。

一時停止をしながら繰り返し音源を聞いて、できるだけ音源に近い音声で再現できるようにしましょう。

このとき、イントネーションやアクセントも必ずチェックし、同じように音読をしてください。

 

4.英文の意味を前から訳していく

英文の意味を前から訳すことで、英語を英語のまま理解する力が身に付きます。

英文を前から訳す練習として有効なのが、意味のかたまりごとにスラッシュで区切り(センスグループ)、スラッシュごとに英文を読み、意味を日本語でイメージする方法(サイト・トランスレーション)です。

その際、完全な日本語訳にする必要はなくイメージで問題ありません。

最初はセンスグループ単位で音読し、次に一文、次に長文…と徐々に音読する英文の長さを増やしていきましょう。

 

5.英文から視線をはずして声に出す

音読する英文を一時的に覚え、それをすぐに声に出すという方法(リード・アンド・ルックアップ)です。

ただ単に英文を暗記するのではなく、文章の構造・意味を理解しつつ行うことが重要です。

リード・アンド・ルックアップも最初はセンスグループ単位で音読を行い、ひとつひとつの意味や文章構造を理解しながら進めていきましょう。

 

6.音源と同時に音読をする

次に、音源と同時に英文を音読(シンクロ・リーディング)します。

ここでは、音源のスピードに遅れないように音読することを意識しましょう。

もし難しければ、音源に合わせてリップシンク(口パク)をして、スピードに慣れるところから始めてみてください。

 

7.音源の後を追って音読する

シンクロ・リーディングがスムーズにできるようになったら、音源の後を追って音読(シャドーイング)をします。

このとき、英文テキストは見ずに音源の後を追いかけていくように音読しましょう。

シャドーイングは、リスニング力や発音の力をアップさせるのにも有効です。

シャドーイングがうまくいかない場合には、スロー再生をしたり、いったん一呼吸おいて落ち着いてから再開したりしましょう。

すぐに効果が出なくても諦めない

英語を習得するのには長い時間がかかります。

音読も、はじめたからといってすぐに効果が出るわけでありません。

とくに、英語の学習をはじめたばかりのころは学習時間が多くても、大きな学習効果が得られることは少ないです。

英語の単語を覚える、発音や意味を理解する、実際に使えるようになる、というステップを踏むためには、繰り返しの練習が必要になります。

すぐに効果が出ないとしても、諦めずにまずは一カ月音読を続けてみましょう。

プリンス英米学院なら生きた英語が身に付く

「初心者だけどこれから英語力を身に付けたい」「子供に英語を習わせたい」と考えている方におすすめなのが、生きた英語が身に付く「プリンス英米学院」です。

  • レベル別、目的別の詳細なクラス分け
  • ネイティブ講師による1~3名の少数人数制クラス
  • 総合的な英語力がアップできる教材

プリンス英米学院は、生徒さんのレベルや英語を学ぶ目的に応じて細かくクラス分けをしています。

少数人数制のため、英語を話す機会も多くネイティブ講師の生きた英語にも多く触れられます。

使用している教材は文法の習得、語彙力の強化、総合的なスキル特訓で構成。

総合的な英語力アップにつながります。

1歳から通えるBabyクラスもあり、言語習得が早い時期から英語のシャワーをたっぷり浴びることができます。

★入学・体験レッスンの流れ
★見学・体験予約のお問い合わせ

まとめ

英語の音読で得られる効果や、より英語力をアップさせるためのポイントやステップについて解説しました。

英語の音読はリスニング力やスピーキング力を身に付けるだけでなく、英語を英語のまま理解する能力を得るのにも有効です。

7つのステップを踏まえて、諦めずに繰り返し音読を続けることで、着実に英会話の能力を身に付けていけるでしょう。

見学・体験の予約
お問い合わせ

ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

お電話での
お問い合わせはこちら