ロード熊さん

プリンス英米学院まとめ

今注目の英語学童とは?子どもを通わせるメリットや選ぶ際のポイントもご紹介

小学生が放課後を過ごす場所を提供する「学童保育」。
ニーズの高まりに応えるべく、さまざまな独自の取り組みを提供する学童保育所が増加しています。その中の1つが、英語学童です。

子どもの放課後の場所を確保しつつ、英語を学べる場所としても活用できる英語学童ですが、「具体的にどんなことをするのか」「どの英語学童を選べばいいか」「長期休みなども預かってくれるのか」などの疑問を持つ保護者の方も多いでしょう。
ここでは、英語学童とはどんな場所なのかに加えて、英語学童に通わせるメリット、英語学童を選ぶ際のポイントを解説しています。
子どもに英語を学ばせたい人や、預かり場所プラスアルファの学童を探している人は、ぜひ参考にしてください。

 

英語学童とは

英語学童とは、学童保育のひとつです。
小学生が放課後過ごす場所として活用される点においては、他の学童保育と同じですが、英語学童では、ネイティブ講師やバイリンガル講師が子どもたちの面倒を見ます。
学童の教室に入って退室するまで、すべてのやりとりが英語で行われるのが特徴です。プログラムや預かり時間は英語学童によって異なりますが、週2~5日から選べるところや、夏休みなどの長期休みの預かりのみにも対応しているところなどもあります。

英語学童は民間で運営しているため、公立の学童保育所よりも入所に制約が少なく、保護者が働いていなくても、英語を学ばせたいという目的で通わせることもできます。

英語学童のメリット

英語を使って過ごす英語学童は、一般的な学童保育にはない以下のメリットが得られます。
・長時間英語に触れられる
・英語学習への抵抗感を減らせる

それぞれ詳しく解説していきます。

長時間英語に触れられる

英語学童は、退室するまで英語を使用して過ごすため、長い時間英語に触れられることがメリットです。ネイティブ講師やバイリンガル講師の生きた英語のシャワーを浴びられるので、正しい発音やリスニングなどの力も身に付けられます。

延長保育や長期休み中の預かり期間も入れれば、かなり多くの時間を英語漬けで過ごせることになります。
「今のうちから子どもに英語を触れさせておきたい」「子どもの英語力をさらに向上させたい」と考えている親御さんにはピッタリです。

英語学習への抵抗感を減らせる

英語学童は英語を使って放課後を過ごすため、英語に慣れる環境が整っています。小学校3年生からスタートする英語学習への抵抗感を減らすうえでも有効です。

文部科学省の「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」をもとに、2020年から英語教育改革がはじまりました。以下のスケジュールで英語教育が進められることになります。

      • 小学校3年生から週1コマのコミュニケーションを中心とした英語活動授業が始まる
      • 小学校5年生から英語が正式教科になる。週2コマ、成績もつけられる
      • 中学校より英語の授業は英語のみ。週4コマ。中学3年生になるとスピーキングコンテストを実施する自治体もある
      • 高校は英語の速読や課題研究、プレゼンテーションなども行う

小学校3年生より英語が入るため、最初につまずいてしまうと子どもは英語に対して苦手意識を持ってしまいます。また今まで英語に触れた機会がない場合、子どもによっては「英語を話すのがはずかしい」と感じてしまい、英語学習に消極的になってしまう場合があります。

プリンス英米学院では、経験豊富なネイティブ講師による英会話レッスンを英語学童でも提供しています。英語学童では、学校の宿題と読書の時間以外は、すべて英語でコミュニケーションを取ります。指導力の高いネイティブ講師とのコミュニケーションを通じ、確実な英会話力が身に付けられます。

また、英語学童内では英会話に特化したレベル別のクラスに参加します。子どものレベルに合った英会話レッスンが受けられるため、これから英語を学ぶ場合や英語力を伸ばしていきたい場合にも、納得のレッスンを受けることができます。

 

・英文法
プリンス英米学院は、2019年度第2回~2020年度第2回の英検合格者数3,527名、中学生が英検1級合格など、高い英検合格実績を誇ります。英語学童でも、小学生のうちに英検2級合格を目指した英検の指導を展開しています。英検の指導は、プリンス英米学院の日本人バイリンガルの先生の担当です。子どもに寄り添った抜群の指導力を発揮しますので、楽しみながら英文法の勉強ができます。

プリンス英米学院は英検準会場認定校のため、教室での英検受験も可能です。英検合格のために英語学童を検討している人にもお勧めです。

・プログラミング教育
子どもの非認知能力を鍛えるために必須となるのが、プログラミングです。プリンス英米学院の英語学童では、国語、英語とともに重視されているプログラミングのレッスンを英語で行っています。

SONYの「KOOV(クーブ)」を使った英語でのプログラミングのレッスンを、英語学童内で行います。子どもの創造力、思考力、やり抜く力を楽しみながら育てます。

 

・非認知能力を育てる教育
非認知能力を高めるカリキュラムにより、チャレンジする気持ちと最後までやり抜く力を育てます。少人数制での対応で、子どもたち一人ひとりの能力や個性を伸ばしていきます。

 

・国語力を育てる力
自分の意見を英語で表現するためには、国語力も必要です。自分の頭で考えて意見をまとめるための国語力も、プリンス英米学院の英語学童で育めます。

ことばの学校「読むとくメソッド」を使った、読書の時間を英語学童内に設けています。英語での意見を表現するだけでなく、さまざまな学力の土台となる国語力を育てるのに有効なカリキュラムです。

休日、長期休暇にも対応

長期休暇中には、サマースクール・ウインタースクールを実施し、午前中から延長時間までの預かりに対応しています。保護者が働いている間の学童保育としても利用できます。普段は効率の学童保育に、長期休暇中だけプリンス英米学院を利用する、といった併用も可能です。

安心して利用できるサービス

以下の安心サービスを提供しています。
・送迎キッズタクシー
・LINEでのセーフティメッセージ配信
・最長20時半までの延長保育

プリンス英米学院の英語学童では、近隣の小学校への送迎ができる「キッズタクシー」を有料で利用できます。

対象小学校
・越ヶ谷小学校
・出羽小学校
・蒲生小学校
・川柳小学校
・南越谷小学校
・蒲生第二小学校
・蒲生南小学校
・大間野小学校
・西方小学校
・明正小学校

また、子どもたちの入室・退室時に保護者のLINEにメッセージが届く「セーフティメッセージ」を取り入れているため、安心してお子様を預けていただけます。

延長預かりに関しては、最長20時半まで対応していますので、保護者の方の急用や残業などでお迎えが遅くなってしまう場合でも、お子さんを責任もってお預かりします。
夜遅くに子どもがひとりで帰宅することもないため、安心です。

子どもが楽しく過ごせる工夫も豊富

プリンス英米学院の英語学童は、子どもが楽しく過ごせる工夫もそろっています。メインルームには体を動かせるボルダリングウォールを設置しました。日本語と英語の図書が複数そろうライブラリーでの読書も楽しめます。

スタッフは熱意のあるネイティブ講師、バイリンガル講師ばかりで、独自の研修制度により日々指導力も高めています。また、初級から上級までクラス分けをしており、必要に応じてバイリンガル講師がサポートをします。英語に不慣れなお子さんでも、少しずつ英語でコミュニケーションを取れるサポートをするため、安心です。

英語のレッスンや英検対策、プログラミング以外にも季節ごとにハロウィンパーティやスクールトリップなどの楽しいイベントを実施しています。継続して通える英語学童を探している保護者の方にも、自信を持ってお勧めできます。

まとめ

学童保育は子どもが放課後過ごせる場所以外の役割も求められるようになりました。
英語学童は安心して子どもを預かってもらえる施設としてだけでなく、英語の力を身に付けられるスクールとしての機能も持っています。
英語に長時間触れられるため、今後の英語教育を踏まえて子どもが英語に慣れることができる環境としても活用できます。

また、英語学童はカリキュラムやプログラム、預かり時間や休日、長期休みの預かりの有無などが施設によって異なります。子どもも保護者も無理なく、安心して通える英語学童を活用すれば、子どもの英語力アップにもつながるでしょう。

見学・体験の予約
お問い合わせ

ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

お電話での
お問い合わせはこちら