ロード熊さん

プリンス英米学院まとめ

オンラインの英会話、通学とどう違う?それぞれのメリットやデメリットを比較

英語学習準備

小学校での必修科目化や幼少期からの教育によるメリットなどにより、子どもへの英語教育が注目されています。ほかの習い事と比較しても、英語を習わせたいと考える親御さんも多いですよね。

今は教室への通学だけでなく、自宅でもレッスンが受けられるオンライン対応の英語教室もあります。オンラインを利用することで今まで英語教室をあきらめていた親御さんでも、習わせることができるようになりました。ここで気になるのが、通学とオンラインの英語教室の違いです。子どもに英語を習わせる重要性に加えて、通学と比較したオンライン英語教室のメリットとデメリットを解説します。

 子どもの英語学習がどうして必要なのか

習い事としても人気の英語教室。英語を早期から習わせることに多くのメリットがあることはよく知られていますが、では具体的にどのようなことがあるのでしょうか。まずは、子どもが英語学習をすることで得られるメリットを解説します。

言語の習得は幼少期が適している

0歳から5歳ごろまでは子どもの認知機能が著しく成長する時期と言われています。この時期にネイティブの英語を多く聞くことで、自然な英語のリズムや発音が身に付いた「英語耳」鍛えられます。

 

幼少期の英語教室は英語を聞く、話すことを中心に行います。聞く、話すを重視した英語学習を行うことで、音で聞いた英語を日本語に変換せず、英語のまま意味を理解できる「英語脳」を身に付けられます。学校で習う文法や単語中心の英語学習では、英語を日本語に変換してから考えてしまうため、英語脳は育ちにくいと言われています。

 

人種や国籍、言語などに対する意識や感覚がこりかたまっていない幼少期に英語を学ぶことで、言語としてだけでなく、英語を通じて多様性を受容する力も身に付きます。

コミュニケーションツールとして使用する機会がたくさん作れる

英語はもちろん、日本語もふくめて言語は実際に使うことで身に付いていきます。とくに日本語と英語は文法のルールや言語構造が異なるため、日本人が英語を習得するには2400時間以上の学習時間が必要と言われています。

 

日本では学校で英語を学習する時間はトータルでも1,000時間程度です。さらに子どもの年齢が上がるにつれ部活や他の学業などで時間の制約が生まれて、英語学習に満足な時間を使えなくなることもあるでしょう。幼少期であれば英語学習の時間の確保も簡単です。インプットの時間はもちろん、アウトプットの機会も幼少期ならたくさん持つことができます。

H3:英語の小学校での必修化

2020年より、小学校での外国語教育がスタートしました。小学校5年生からは英語が正式科目となり、成績もつけられます。中学校、高校でも科目として英語が重視されるため、小学校でつまずいてしまうと、英語が苦手科目となってしまうことがあります。一度苦手意識を持った科目に積極的に取り組むのは、簡単なことではないでしょう。

 

幼少期の英語学習は、イラストを多く使う、ゲームや歌を入れるなど、楽しみながら英語を学べる取り組みがふんだんに取り入れられています。英語に対して苦手意識を持つ前に、英語に親しむ土台作りができるのもメリットのひとつです。

英語学習をオンラインで学ぶメリットとは?

英語学習は英語教室に直接足を運ぶだけでなく、自宅でレッスンが受けられるオンラインも選択肢となります。まずは英語学習をオンラインで学ぶメリットを解説します。

新型コロナウイルスの感染防止につながる

新型コロナウイルスの感染防止のために、できるだけ人との接触や密となる環境、外出を避ける人も多くなりました。オンラインの英語学習は自宅にいながら、非接触・非対面で英語のレッスンが受けられます。新型コロナウイルス対策へのニューノーマルな学習方法としても、オンラインは有効です。

送迎の必要がなくなる

オンライン環境を利用することで、自宅にいながら英語のレッスンが受けられます。通学の場合、子どもが小さい、教室が遠いなどの理由によっては保護者の送迎が必要な場合もあります。オンラインなら送迎の必要がありません。

 

通学上での事故などのリスク回避のためや、共働きのため子どもの送迎が難しい家庭、周辺に通える英語教室がない場合にも、オンラインを利用して子どもの英語学習が実現できます。さらに、通学の時間が不要となるため、余った時間を英語の予習・復習やほかの時間に充てることも可能です。

子どもの成長を身近に感じられる

オンラインの英語レッスンは、自宅で行うため保護の方も子どもがレッスンを受けている様子を見ることができます。子どもが英語を話す姿を間近で見ることで、英語の上達する様子が見られるのもメリットでしょう。また、子どもが英語を上手に話せたときには褒めたり、逆にうまくいなかったときには励ましたりと、子どもの様子や調子に合わせてすぐに適切なフォローもできます。

プリンス英米学院ではネイティブ講師によるプライベートコース!

プリンス英米学院では、教室で展開しているレッスンをオンラインで受けられます。レッスンを展開するのはプリンス英米学院のネイティブ講師です。オンラインでは、プリンス英米学院のオリジナルカリキュラムに沿った、プライベートコースを展開しています。さらに、日本人スタッフが生徒一人ひとりの学習状況を把握しており、英語学習に関することならいつでも気軽に相談ができます。

 

英語がはじめてのお子さまでも、楽しく学べるレッスンをオンラインでも提供しています。また、必要に応じてオンラインレッスンと通学レッスンのハイブリッド学習も可能です。

オンラインで英語学習するデメリット

オンラインの英語レッスンは、多くのメリットがある一方デメリットもあります。オンラインで英語学習をするデメリットを対策方法とともに解説します。

集中力やモチベーションの継続が難しい

オンラインの英語レッスンは自宅で受けられるからこそ、オンオフの気持ちの切り替えが難しいデメリットがあります。また、一緒にレッスンを共有できる友達や仲間がいないことも、英語学習のモチベーションを維持しにくい原因となってしまうでしょう。

 

レッスン中の集中力を維持しにくいデメリットもあります。教室での英語レッスンは集中できるものの、オンラインではレッスンの間、画面の前でじっと座って授業を受けるのが難しい子どももいます。さらに、家のにはおもちゃ、ゲーム、お菓子などいろいろな誘惑も多いです。

子どもがレッスンに集中し、モチベーションを保てる環境を整えるように以下のような工夫を取り入れてみましょう。

 

  • 机の上は必要なものだけにする
  • テレビは消す
  • イヤホンを使う

 

集中してレッスンを受けるために、ゲームやお菓子など子どもの集中力が切れてしまうものは周りに置かないようにします。レッスン中の机のうえは、パソコンやタブレットなどレッスンに必要なもののみ置きましょう。

リビングなどでオンラインの英語レッスンを受けていると、どうしてもテレビの方が気になってしまうことも。オンラインレッスン中はテレビは消しましょう。

家の中の雑音や外の音が気になって集中が切れてしまうこともあります。少しの音でも気になってしまう子どもには、レッスン中にイヤホンを使うのも有効です。

アウトプット中心になってしまう

英語を言語として習得するには、文法や単語を覚えたり英語を聞いたりするインプット、覚えたことを話したり書いたりするアウトプットをバランス良く取り入れるのが重要です。ところが、オンラインの英語レッスンは話すことが中心のため、どうしてもアウトプットに偏ったレッスンになってしまうデメリットがあります。

 

教室での授業は、先生の説明やお手本を見る(インプット)をしてから、生徒が実践(アウトプット)という流れで進められます。オンラインレッスンでは、予習などを行ってインプットをあらかじめ行っておき、レッスンでアウトプットの機会を得ることで効果的な英語学習につなげられます。

インターネット環境を整える必要がある

オンラインレッスンを受けるには、インターネット環境や必要な機材をそろえる必要があります。必要な機材はパソコンのほか、スマートフォンやタブレットなどで受けられるレッスンもありますので、レッスンに必要なものを確認しておきましょう。

 

オンラインレッスンの質は、インターネット環境に左右されると言っても過言ではありません。インターネットの回線状況が悪いと、レッスン中に音声や映像が乱れる、画像が止まってしまうなどの不具合が生じます。特に英語のオンラインレッスンは、講師と生徒の双方でスムーズなやりとりをするのが重要です。快適にオンラインレッスンが受けられるインターネットの環境を整えるほか、Wi-Fiを使うなら自宅内でも安定して電波を受信できる場所でレッスンを受けるなどの工夫が必要です。

プリンス英米学院では目標に合ったレッスンや、組み合わせでのレッスンが受講できる!

プリンス英米学院は教室・オンラインでのレッスンを組み合わせて受講可能です。教室での少人数制レッスンはネイティブ講師とバイリンガル日本人講師のダブル体制となっています。ネイティブの生きた英語にたくさん触れつつ、必要に応じてバイリンガル日本人講師がサポート。小さなお子様や英語初心者のお子様でも、つまずかず楽しみながら英語を身に付けられます。オンラインレッスンは、楽しみながら英語を学べる英会話プライベートコース、英検をはじめとした資格取得・リーディングライティングに特化したプライベートコースを併設。目的に合わせたコースを受講できます。

 

教室で英語の学力アップ、オンラインでは英会話のアウトプットなど組み合わせることでニーズに合わせたレッスンを受けられるのも、プリンス英米学院ならでは。オンラインのレッスンも教室でレッスンを行っている講師が担当するため、指導方法も一貫しています。教室、オンラインでレッスンの内容が異なりお子様が混乱してしまうこともありません。日本人講師によるサポートも充実しているため、保護者の方も英語学習について、いつでも気軽にご相談いただけます。

早めからの英語学習で、親しむ時間を最大限に!

今回は子どもの英語学習のメリットと、オンラインでの英語学習のメリット・デメリットを紹介しました。子どもの英語学習は、英語耳や英語脳を鍛えるだけでなく、将来的な英語教育への土台作りにも役立ちます。通学、オンラインとお子様に合った学習方法を取り入れて英語学習をはじめてみましょう。

タグ

  • カテゴリーなし

見学・体験の予約
お問い合わせ

ご質問やご相談など、お気軽にお問合せください。

お電話での
お問い合わせはこちら