英語民間試験の懸念解消を求めて文部科学省に申し入れ

2019/07/26

全国高等学校長協会(全高長)が、2020年に始まる大学入試共通テストで活用される英語の民間試験の受験機会の公平性に関しての疑問や不安について文部科学省に申し入れをすることになりました。
大学共通テストでは、「英検」や「GTEC」など6団体7種類の民間試験の成績が使われますが、それぞれのテストの実施回数や会場数に差があり、受験毎に検定料がかかり、経済状況が苦しい家庭の生徒が不利になるなどの問題が解決されていません。
また、民間試験の開始が20年4月に迫っていますが、具体的な会場や日程など確定していない部分にも問題があります。
全高長は、試験の運営団体に実施方法を早期に固めさせ、生徒や高校への周知を徹底し、希望日に全員が受験できる体制を求めていくよです。
大学入試共通テストでの民間試験の導入には、不確定要素が多く残ります。
早めの準備と情報収集に努めましょう。

大学入試で使える英検
2020年度の大学入試英語成績提供システム(大学入試共通テストでの英語民間試験nnお活用)で利用できる英検の方式は英検CBTと英検2020 1 day S-CBT、英検20202daysS-Interviewです。(英検20202daysS-Interviewは障害などを理由として試験を受ける際に配慮が必要な方への特別処置として位置づけられています。)
英検CBTは従来と同じ内容ですが、リーデイングテスト、リスニングテストはマウスの操作、ライティングはタイピングによる解答となります。スピーキングは録音式となり、全ての試験でコンピューターの操作が必要となります。パソコン操作の得意な方にお勧めの試験です。
英検20201dayS-CBTは、新しい方式で、リーデイングテスト・リスニングテスト・ライティングテストは解答用紙にマークまたは記述する形式で、スピーキングテストは録音式で行う試験になります。
大学入試英語成績提供システムのスタートに伴い、受験申込の殺到が予想されるため、現高校2年生は、英検2020年1dayS-CBTの第1回テストから受験予約ができるようになります。第1回の予約申込は2019年9月・第2回が2020年1月になり、予約申込者のみが2020年2月(第1回)、2020年6月の本申込をすることができます。予約金3,000円がかかります。(本申込の際には検定料と予約金の差額のみの支払いになります。)
試験は第1回が2020年の4月から7月、第2回が8月から11月の実施になります。
受験予定の現高校2年生予約申込を忘れないようにしましょう。

【英検2020 1 day S-CBT®ついて】
https://www.eiken.or.jp/eiken2020/#use_college_eiken

Copyright(C) by KOHGAKUSHA Co,Ltd ALL rights reserved.

株式会社興学社